大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

歴史とあゆむ 靱公園を近くに臨み緑溢れる土佐堀〜京町堀エリア

土佐堀 京町堀

大阪と言えばついつい「キタ」や「ミナミ」にばかり目がいきがちですが、より自分のライフスタイルに合った物件を見つけたいとお考えであれば、他のエリアにも目を向けてみることをおすすめします。

この記事でおすすめしたいエリアが、土佐堀、江戸堀、京町堀のいわゆる「西船場(下船場)」を含む一帯です。
この地域は古くから商業の地として大阪の経済において重要な役割を担っており、現在でもビジネスエリアとして梅田や北浜、中之島に負けない存在感を放っています。

今回は、そんな土佐堀、江戸堀、京町堀の実地レポートを行い、この地域の環境や生活についてリサーチしていきます。

土佐堀、江戸堀、京町堀の歴史

かつて、土佐堀や江戸堀、京町堀というのは、大阪の商業を担う経済的な重要エリアのひとつでした。
とくに、司馬遼太郎原作の歴史小説「功名が辻」で知られる山内一豊を藩祖に持つ土佐藩は頻繁に土佐鰹を運び入れたとされており、そうした歴史からなにわ筋周辺には土佐堀の他「鰹座橋」という地名が遺されています。

そうした歴史的な事実からもわかる通り、西区は土佐堀、江戸堀、そして京町堀の三掘割のみならず「堀江川(昭和35年埋め立て)」や「道頓堀川」が通じる水運に恵まれた一帯であり、そうした地理的環境に恵まれたことが、後の商業区としての発展、そして現代におけるビジネス街としての成長を決定づけたのかもしれません。

土佐堀、江戸堀、京町堀のアクセス性

土佐堀、江戸堀、京町堀エリアでの主な交通手段は、地下鉄となります。Osaka Metoro四つ橋線「肥後橋」駅もしくは「本町」駅です。「本町」駅は駅構内が中央線と御堂筋線につながっています。また、京阪中之島線「渡辺橋」駅にも近いので各所へのアクセスがとても便利です。
大阪キタ随一の繁華街である北新地にも歩いていけるのでビジネスにプライベートに生活の幅がとても広がる場所といえるでしょう。

土佐堀エリア

このエリアの高層マンションは様々なスポットから視認でき、
バルコニーからの見晴らしも良好と推測されます。

土佐堀川の向こうには中之島エリアが。
手前に見える円形の建物は「住友病院」。

「大阪上等裁判所跡」。
明治時代に設立された、後の高等裁判所に該当する機関であり、時代を経るにつれ「控訴裁判所」「控訴院」に名を改められました。
設立当時この上等裁判所が置かれたのは、東京・大坂・長崎・福島の四ヶ所のみでした。

この土佐堀周辺は工場や倉庫などもちらほらと見かけます。

この土佐堀でもひときわ目立つデザインの建物。
「ホスピタリティツーリズム専門学校」「大阪テーマパークダンス専門学校」「大阪ブライダル専門学校」「大阪ホテル専門学校」の合同キャンパスのようです。

大正ロマンを感じさせる眼科クリニックの建物。
すぐ隣にはカフェがあります。

「大阪YMCA国際文化センター」。
公益法人「大阪YMCA」が運営しているイベント施設であり、貸会議室だけでなく、大ホールも有料で使用することができます。

京町堀、江戸堀エリア

「宮武外骨ゆかりの地」。
宮武外骨は明治および大正時代に「滑稽新聞」などを媒体として活躍したジャーナリストであり、ウィットに富みながらも妥協なく鋭い批判精神は大衆から支持を得ていました。

京町堀江戸堀は外骨が滑稽新聞を創刊した地として知られ、このような碑が遺されています。

「なにわ筋」。
京町堀、そして靭本町を南北に貫通している幹線道路であり、西船場における交通の要です。
近年、このなにわ筋の地下に「なにわ筋線」という新たな鉄道路線を建設する計画が進められています。

高層マンションの多い一帯には、保育園なども。

黒基調のガラス手すりに写る青空。

「中天游邸跡」。
緒形洪庵、橋本宗吉とならぶ大阪の蘭学者、中天游の邸宅があったとされる地です。
研究活動のみならず後世の教育にも熱心であり、緒形洪庵は彼の開いた「思々斎塾」で学んでいます。

「花乃井公園」。
適度な広さに加え、テニスコートも完備されています。
この場所以外にもこの周辺には「西船場公園」や「江戸堀公園」など、子どもを遊ばせることのできる公共施設が充実しています。

靱(うつぼ)本町

本町駅24番出口前。
目の前に見上げるほどの巨大な高層ビルがそびえ立っています。

昔ながらの建物に加え、いかにも新しい雰囲気漂うガラス張りのビルも。

街の一角に佇むレトロなタバコ屋。

土佐堀 取材写真

オフィスワーカーの街である靭本町。
緊急時のオフィストラブルを解決するのに役立つお店もオープンしています。

ガラスカーテンウォールのビルは青空に映えます。

現在では珍しい青色ポスト。
現存するもののほとんどが関西に集中しています。
速達郵便を送るためのものです。

眼精疲労の治療も行ってくれるという鍼灸整骨院。
日々パソコンに向かっているオフィスワーカーにはありがたい場所です。

「靭公園」。
この西船場の中でもっとも大きな公園で、その大きさは約9.7ha。
ケヤキ並木にバラ園など見どころ豊富であり、多くの人が利用しています。
西側には「靭テニスセンター」があり、国際大会の会場としても使われています。

「大阪科学技術館(大阪科学技術センター)」。
靭公園のすぐ近くにあるファミリー向けの公共施設であり、展示物を見たり触れたりしながら科学のおもしろさを学ばせるということを目的としています。

まとめ

以上、土佐堀〜京町堀エリアの実地レポートでした。
歴史を偲ばせる遺構から、見る人の目を楽しませる近代的・未来的な建築物が融合する景観まで、興味深い歴史をもつエリアであることがお分かり頂けたかと思います。
靱公園という地域最大級の公園も擁するこのエリアは、「住む街」を大阪市で探すのであれば、要チェックの街といえるでしょう。