大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

馬主になるには?手続きから愛馬デビューまでの流れを徹底解説

競馬好きであれば、「馬主になりたい」と一度は考えるものではないでしょうか。

自分が命名した愛馬がレースで活躍し、順位に応じた賞金や手当を得ることは非常に大きな喜びでしょう。また、馬主であることはひとつのステータスでもあります。さらには、騎手や生産者だけでなく、さまざまな業界に人脈を築けるというメリットもあります。

しかし、誰でも簡単に馬主になれるわけではありません。厳しい要件を満たさなければならないからです。

そこでここでは、馬主になる方法について紹介しましょう。

馬主の種類とそれぞれの要件

馬主には、「個人馬主」「組合馬主」「法人馬主」の3タイプ(※)があります。

※「一口馬主」という、馬主としての一部の特典を得られる方法もありますが、厳密には馬主とはいえません。

3タイプそれぞれ要件が異なり、満たさなければ馬主になることはできません。各馬主に設けられている要件は、次のとおりです。

個人馬主

個人で馬のオーナーとなる方法で、馬主全体の約85%を占めています。自分だけの愛馬を手に入れたい方におすすめです。

個人馬主となるためには、以下の要件を満たす必要があります。

・所得金額が過去2年どちらの年も1,700万円以上ある
・上記の所得が今後も継続的に得られる見込みがある
・継続的に保有している資産が7,500万円以上ある

1,700万円以上必要なのは所得金額であり、収入ではない点に注意してください。なお、所得金額のなかには、競馬に関するものや一時的な所得は含まれません。

資産7,500万円以上の条件は、個人名義の不動産・預貯金・有価証券が該当します。たとえばゴルフ会員権や海外に所有している不動産などの資産は対象外となるため、事前に分けて計算する必要があります。

ちなみに負債がある場合は、上記の資産から差し引いた金額が7,500万円以上でなければなりません。

組合馬主

少人数が共同で出資し、馬主活動を行う方法です。複数人でお金を出し合うため、個人の負担が少ないうえ、個人馬主に比べると要件自体のハードルも低いというメリットがあります。共通の趣味を持つ友人同士などで、負担を抑えつつ馬主になりたい方におすすめです。

組合馬主になるためには、以下の要件を満たすことが求められます。

・3名以上10名以下の組合員数で構成している
・メンバーに個人馬主や法人馬主の代表者が含まれない
・ほかの組合でメンバーに入っていない
・各組合員の所得金額が、過去2年いずれも900万円以上ある
・組合財産として1,000万円以上の預貯金がある

上記のとおり、組合員数には下限と上限があります。また、人数が多くなっても各組合員に求められる所得要件は変化しないため、「人数が多いほど組合馬主になりやすい」というわけではありません。組合財産の出資率もひとりあたり10%~50未満と定められています。

注意点は、組合馬主の兼任はできないことです。Aの組合馬主となった後は、Bの組合やCの組合では馬主になれないため、誰と組合を作るかは慎重に考えましょう。

法人馬主

競馬事業を目的とした法人そのものを馬主として登録する方法です。お金さえあれば誰でも登録できるというものではなく、代表者にある程度の個人馬主としての経験を求めるなど、複数の要件が設けられています。

法人が馬主として登録するためには、以下の要件を満たす必要があります。

・法人代表者が個人馬主の要件を満たしている(所得など)
・法人代表者が個人馬主としての経験をある程度持っている
・資本金もしくは出資額が1,000万円以上ある

法人代表者は、個人馬主と同様に過去2年間の所得がそれぞれ1,700万円以上あり、今後も継続が見込まれる所得であることが求められます。

上記のほか、主催団体によって異なる要件を設けている場合もあるため、必ず確認しましょう。たとえば所有する牧場の広さやサラ系繁殖牝馬の数、過去の生産馬の実績などを具体的に提示しているところもあります。

また、登録時の審査は代表者個人の資産に加え、法人の財務内容なども対象となります。

馬主登録からデビューまでの流れ

基本的に一般の方が目指せる馬主のタイプは、前述した要件のとおり個人馬主や組合馬主です。要件を満たしているのであれば、審査を受けて馬主として登録し、調教師など関係者とともに愛馬のデビューを目指しましょう。

もちろん、馬主登録を済ませれば自動的に馬があてがわれるものではありません。競走馬の購入や調教など、本格的なデビューを迎えるまでに複数のプロセスがあります。

では、馬主登録から愛馬のデビューまでの大まかなプロセスを紹介しましょう。

1.馬主登録

まずは、正式に馬主登録を行います。基本的な手順は、以下の4ステップです。

1.必要書類の用意
2.馬主登録審査
3.審査通過
4.馬主登録

必要書類は登録先団体によって異なることがあります。専用用紙が必要な場合は申請の締切日を過ぎないよう、早めに取得しておきましょう。

さらに注意したいのは、必要書類の中には役所や病院で取得しなければならない書類が含まれていることです(印鑑証明書や戸籍謄本など)。各機関で発行されてから3ヶ月以内のものを提出しましょう。

用意した書類一式を提出し、馬主登録審査を受けます。審査期間を含めると、申請から登録までの期間はおよそ5ヶ月前後です。

審査に無事通過したら登録料1万円と登録免許税9万円を納付し、晴れて馬主となります。ただし、破産や規約に反する行為があった場合「馬主として不適格である」と判断され、馬主登録が取り消されてしまいます。馬主となった後も、規約などを破らないよう注意しなければなりません。

2.競走馬の購入

馬主となった次は、競走馬を手に入れましょう。主な競走馬の購入方法は、「セリの参加」と「生産者との直接交渉(庭先取引)」の2通りです。

セリに参加する

競走馬のセリは、0歳~2歳の年齢別に行われます。年齢ごとにメリットがあるため、購入したい馬の特徴に合わせた市場を狙いましょう。

・当歳(0歳)市場…いち早く良馬に出会える
・1歳市場…価格が幅広く選択肢が多い
・2歳市場…調教がある程度進んでいる

手ごろな価格のものであれば数十万円から、良馬や資産価値が高いと認められている馬は数億円までと、購入にかかる費用は馬によって大きく変動します。1歳市場では1頭あたりの価格の平均は1,043万円です。

庭先取引

生産者と直接取引を行う庭先取引は、国産競走馬の取引で全体の8割前後を占めるほど一般的な方法です。信頼できる牧場で購入するために、知り合いの調教師などの関係者から紹介してもらって購入することが多いようです。

3.馬の育成・調教・デビュー

購入した馬は、調教師に育成と調教を依頼します。預託料(飼育・調教・飼料などの総合的な費用)は団体や厩舎ごとに異なるため、依頼前に確認しておきましょう。目安は1頭につき月額60~70万円程度です。

馬が2歳を迎えると、いよいよ競走馬としてのデビューです。レースでは、順位に応じた賞金が得られ、順位が上になるほど賞金額は大きくなります。馬主への配分は、賞金額の8割です。

また、出走したすべての馬に出走手当が支払われるため、成績に関わらず収入を得ることができます。

まとめ

馬主になるには、所得や資産など複数の要件が求められます。さらに、馬主の登録を済ませた後も、競走馬の購入や育成、調教などの費用がかかり、馬主として活動するにはある程度の負担は避けられません。

しかし、愛馬が競走馬としてデビューを果たし、レースで走る姿を見ることは何ものにも代えがたい喜びでしょう。また、順位に応じた賞金は関係者の中で馬主が最も多く分配されるうえ、レースの規模が大きくなるほど賞金も高額になることから、非常に夢のある活動だといえます。

馬主への登録要件を満たしているのであれば、夢を叶えるチャンスを得るために登録準備を始めてみてはいかがでしょうか。