大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

「下船場」として知られる西区新町阿波座エリア実地レポート

関西で都会的な生活を楽しみたいのであれば、大阪市での生活がおすすめです。
関西の中でもとくに規模が大きく利便性も高いため、クオリティの高い分譲マンションを購入することができれば、快適なシティライフが約束されるでしょう。

その中でも注目したいのは、大阪市西区にある「新町・阿波座」の一帯です。
いわゆる「下船場(西船場)」と呼ばれるこのエリアは交通の便がよく、生活に欠かせない施設もたくさん存在しており、引っ越し先としても人気があります。

今回は、そんな新町阿波座地域の実地レポートを行いました。

西区新町阿波座の歴史

“新町”

下船場という名称からも分かる通り、江戸時代この一帯は船の往来が盛んでした。
現存する土佐堀川、木津川の他、かつて存在していた長堀川や京町堀川などの運河が町内を囲み行き交うように流れており、それらを経由して商人たちがさまざまな物質を輸送していたようです。

中央区船場が絹繊維の問屋街で知られているのに対し、この西船場、とくに阿波座や立売堀といったエリアは金属や機械に関連した企業が多い場所となっています。

新町においては、かつて「新町遊廓」と呼ばれる場所が存在していたとされ、井原西鶴や近松門左衛門といった江戸時代の文化人により、「好色一代男」や「冥土の飛脚」といった物語の舞台となりました。

西区新町阿波座のアクセス性

“新町”

新町阿波座の主要な駅としては、「阿波座駅」があります。
阿波座駅はOsaka Metro千日前線、中央線の2路線につながっており、この一駅でなんばや大阪港、野田阪神に南巽といった幅広いエリアに移動することができます。
また、周辺エリア内には「本町駅(中央線、御堂筋線、四つ橋線)」「西大橋駅(長堀鶴見緑地線)」「心斎橋駅(長堀鶴見緑地線、御堂筋線)」「西長堀駅(千日前線、長堀鶴見緑地線)」など駅もあり、利便性が高いです。

新町一丁目

“新町”

「ドレミインターナショナルスクール」。
校内では英語のみを使用するシステムとなっており、幼児から小学生まで幅広く対応しているとのこと。

“新町”

いかにも「ストリート系」といったオシャレな雰囲気のカフェ。

“新町”

「新町北公園」。
周辺にはたくさんのタワーマンションがあります。

“新町”

公園周辺のタワーマンションは比較的新しいものが多いようですね。
物件によってはカフェが常設されているものもあり、楽しみが広がりそうです。

“新町”

タワーマンションに住むとなれば、出来る限りデザインのよい物件を選びたいところですね。
このエリアは心斎橋駅や西大橋駅といったステーションへのアクセスも良好のため、お出かけや通学には便利です。

“新町”

レトロな喫茶店のある風景。

“新町”

「大阪ECO海洋専門学校」。
カビパラの飼育ゲージが外部に公開されており、その生態を観察できるようになっています。
この地域の子どもたちからの人気が高い隠れスポット的存在です。

新町二丁目

“新町”

歩道が広く取られており、歩きやすいエリアです。

“新町”

ネーミングとフォントの妙を感じさせるコインランドリー。

“新町”

すさまじい名前のお店ですが、肉料理をウリとした居酒屋のようです。

“新町”

「ライフ西大橋店」。
駐車場が備えられており、深夜1時まで営業しているという店が利用しやすいですね。

“新町”

「新町南公園」。
ライフ西大橋店のすぐそばとなっています。

“新町”

「ここに砂場ありき」と書かれた碑。
これは公園の砂場のことではなく、さかのぼること約500年前、この一帯が資材としての砂置き場として利用されていたことを意味しています。
多くの職人が集まったこの地では飲食店もさかんだったようで「いづみ屋」「津の国屋」といった麺類を扱う商い発祥の地としても言い伝えられています。

“新町”

「プレミストタワー大阪新町ローレルコート」。
2018年4月築の新しいタワーマンションですが、先ほど紹介した新町南公園にライフ西大橋店、そして「堀江幼稚園」や「堀江小学校」といった施設に近いため、ファミリーが生活しやすい物件となっているようです。
西大橋駅、そして西長堀駅へのアクセスが容易であることも魅力的と言えます。

立売堀周辺

“新町”

阿波座駅周辺。
阪神高速(神戸方面)を見上げる位置にあります。

“新町”

阿波座駅すぐそばの十字路の間近に「三井住友銀行」。
建物も時代を感じさせます。
反対側には「りそな銀行」もありました。

“新町”

1番出口すぐ近くに歯科医。
場所を押さえておきましょう。

“新町”

スープカレーにプリンという変わった組み合わせをアピールしているお店。

“新町”

「薩摩堀公園」。
かなり敷地が広く、子どもといっしょに遊びやすい場所となっています。

“新町”

また、園内には「薩摩堀川跡」の碑があります。
かつてこのエリアに運河があったことを示すもので、歴史を感じさせられますね。

“新町”

駅4番出口から数分歩いたところにマンションやビルが立ち並んでいました。

“新町”

同じく阿波座駅より徒歩数分の場所に、24時間営業のフィットネス。
仕事帰りや休日に通えそうです。

“新町”

老舗の機械業者もこのあたりならでは。

“新町”

「大阪市立明治小学校分校」。
歴史ある「大阪市立明治小学校」の分校で、児童相談所で保護された児童などを対象としています。

“新町”

立売堀一丁目のストリート。
大阪的なビジネス街の雰囲気ですね。

阿波座周辺

“新町”

「カイロ整体」のサロン。
最近流行しているリラクゼーションサロンとは少々異なるもののようです。

“新町”

ワンタン麺や香港粥の専門店。
通好みの雰囲気があります。

“新町”

「新阿波座公園」。
ビルに囲まれている立地で、近隣住民の憩いの場になっています。

“新町”

工事中の高架道。

“新町”

ギャラリースペースやパーティー会場としてもレンタルできるカフェ。

“新町”

阿波座周辺はシックなイメージの建物が多いようですね。

“新町”

宮崎の郷土料理、そして種類豊富なラーメンが食べられるお店。
かなりボリュームがありそうです。

まとめ

以上、下船場こと新町阿波座エリアの実地レポートでした。
歴史を偲ばせる遺構もありつつ、大阪らしいユーモアある店舗・奇抜な店舗も多く見られる、変化に富んだエリアでしたね。
新町には新築タワーマンションの立地も見られ、大阪市でマンション購入を考えている方には、このエリアは注目度が高く、ぜひ一度足を運んで欲しい一帯です。