大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

北区梅田のすぐ隣で地価安定、興味深い街福島区鷺洲を撮影

商店街 入り口

梅田の隣の穴場、福島区鷺洲

「大阪市の都市」というと、梅田をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
たしかに梅田は「梅田スカイビル」など注目度の高いランドマークが豊富にあり、高層マンションや都心タワーの数も多いです。
しかし、実をいうと梅田よりも物件単価が手ごろでなおかつアクセス性や治安、そして暮らしやすさに優れたエリアが存在しているのです。
それが、大阪市福島区。
その中でもとくに「鷺洲」と呼ばれている一帯は、分譲マンション購入希望者から高い注目と人気を集めています。

福島区鷺洲の歴史

明治時代、産業革命を支える工場地帯であったこのエリアは「松下電器産業株式会社」をはじめとする有名企業が活躍する場となりました。
さらに戦後、北区梅田の急速的かつ大規模な開発が進められると、隣接地域である福島区にも重点的に投資がなされ、オフィスビル街として急速な発展を遂げていったのです。
そうして現在、福島区、とくに鷺州町は梅田に近い居住エリアとして発展し続けています。

福島区鷺洲に注目を

梅田と言えばオフィスビル街ゆえ、その土地の高さに目が行きがち。
しかし、福島区鷺洲は梅田のすぐ近くという立地のよさにも関わらず、不動産の価格が安定しているのです。
たとえば、タワーマンション一坪あたりの単価を比較してみても、梅田エリアは300万から400万となっているのに対して、福島エリアは場所的にそれほど遠くないにも関わらず200~300万円という価格なのです。
こうした理由から、現在福島区鷺洲にある分譲マンションは軒並み完売。
新たな不動産の建設が積極的に行われています。

そんな、ある種の「隠れた穴場」ともいうべき福島区鷺洲の実地レポートを行っていきましょう。

福島区鷺洲のアクセス

福島区鷺洲に住んでいれば、交通の便に困ることはないでしょう。
鷺洲周辺はJR環状線「福島駅」や阪神線「福島駅」JR東西線新福島駅といった主要駅に徒歩わずか数分で行くことができるだけでなく、阪神高速を利用してドライブや自動車通勤を行うことも容易です。
ですので、福島鷺洲という場所に住んでいる限りは、通勤通学とショッピングに困ることはないと言っても過言ではありません。

鷺洲一丁目

一丁目には内科や薬局がそろっています。
福島区は全体的に病院や診療所の数が多いというのも、暮らしやすさの理由のひとつでしょうね。

民家が並ぶ通りはその広さがプラスポイント。
子どもが自動車に巻き込まれる心配もありませんし、見通しがよいので治安的にも安心です。

鷺洲第二団地には歯科や整骨院、ヘアーサロンが併設されています。
もちろん団地の住人でなくとも利用できるので、お近くにお住まいの場合はチェックを。

鷺洲団地のそばにあるのは「鷺洲公園」。
敷地が広く、子どもも元気いっぱい遊べるでしょう。

このあたりは建物の色合いがカラフルなので、散歩しているだけでも楽しいですね。

近畿地方大手商業施設「関西スーパー」。
食材などのお買い物はこちらへ。
大型の駐車場もあるので便利です。

関西スーパーのすぐ近くにはクリーニング屋さんも。
スーツや洋服のクリーニングに使えそうです。

個人経営の有無って意外と大事。
チェーン店にはない味を楽しめますからね。
この鷺洲にも個性的な飲食店がたくさんありました。 

歩いても歩いても限りがないのがこの福島鷺洲。
とにかくいろんなマンション、ビル、そしてお店があります。
休日に探検をしてみるというのもオツなものです。

鷺洲二丁目

こうして街を歩いていると、しばしば不思議なデザインをした建物と出会います。
鷺洲二丁目で出会ったこのほぼ正方形の建物もそのひとつです。

鷺洲二丁目には「福島年金事務所」があります。
意外と怠りがちな年金のあれこれ、お忘れなきよう。

デザインでマンションを選ぶというのも決して悪くない選択。
その場合は外壁だけでなく、門にも注目してみましょう。
いつもは見えない「味」が見えてくるかも?

鷺洲二丁目の名物スポットがこの「聖天通商店街」。
昔ながらの素朴な商店街です。

おつけもの屋にたこ焼き屋、床屋に薬局、エスニック料理やマグロ専門店など、いろいろなお店が大集合。
近ごろの新しいお店にはない「風情」があります。

鷺洲三丁目

三丁目で目に入ってくるのは、そびえ立つ高層ビルやマンションの数々。
さすがは梅田に隣接しているだけはあります。

その一方で素朴な雰囲気というか、下町的な情緒も感じさせられますね。
オシャレな造りの民家もちらほら。

コンビニや歯医者、耳鼻科といったお店や施設は道路沿いに集中しているようです。
オシャレなヘアメイクスタジオもありますよ。

手づくりパン屋さん。
朝食に子どものオヤツにといろいろ助けられそうですね。
それにしても「パン」のフォントが独特です。

鷺洲四丁目

鷺洲四丁目の街並みは阪神高速の高架に沿って形成されています。

とにかく目立つのはマンションの数の多さ。
右を向いても左を向いてもマンションが目につきます。

ビジネス街としての歴史ある街並みということもあってか、昔ながらの中小企業の建物も存在感がありますね。

建築途中の建物をしばしば見かけます。
まだまだこの鷺洲の街は発展していくようですね。

昔なつかし押しボタン式信号。
こういうのを見ているとなぜか押したくなってしまいますね。

都心ではありますが、一戸建ての民家も多いです。

鷺洲五丁目

五丁目を歩いていると、平たく長い変わった形状のマンションがありました。
無性に気になってしまうデザインです。

団地の近くに薬局や歯医者さん。
向かい側には耳鼻科も。
居住エリアの近くにお医者さんがたくさんあると安心できます。

バス停「鷺洲」は五丁目1-1。
鷺洲で暮らすのであれば覚えておきましょう。
いろいろと捗ります。

「ストレス社会」と言われるこれからの時代、整骨院は頼れる存在となってくるでしょう。
「かかりつけ整骨院」を持つというのもよいのでは?

五丁目の一角には多数のマンションが建設されています。
マンション密集地帯といったところでしょうか。

大きな敷地を持つ「大阪市立貫江田(ぬきえだ)幼稚園」。
「大阪市立鷺洲小学校」に隣接しています。

小学校も幼稚園もマンション密集のすぐそば。
通わせやすいです。

緑豊かな「鷺洲上公園」もすぐ近く。
子どもたちにとっては絶好の遊び場です。

やはり高層マンションは青空に映えますね。
一昔前、兵庫県にある古城が「天空の城」として話題になりましたが、こういった高層マンションもさしずめ現代版天空の城と言えるのではないでしょうか。

五丁目と三丁目の間にある道路沿いにはガソリンスタンド「mobil」があります。
阪神高速でのお出かけの際に重宝するのではないでしょうか。

シンフォニーホール

福島区鷺洲の分譲マンションへの引っ越しを検討されているご家族に、ぜひともオススメしたい施設があります。
それが「シンフォニーホール」です。
朝日放送の創立30周年を記念して建設されたこの施設では、クラシックやブラスバンドなど、あらゆる音楽の演奏会が開催される場所として、音楽ファンから知られています。
日ごろの疲れを解消するための「癒し」、そして子どもの情操教育のために音楽は欠かせません。
すぐれた音楽を生活に取り入れたいのであれば、休日のシンフォニーホール通いがオススメです。

福島高架下の飲み屋街

最後に、福島区のもうひとつの顔をご紹介します。
オフィスビル街として知られている福島ですが、夜になると飲み屋街としての一面が露わになるのです。
ご興味ある方は、夜にJR福島駅周辺の高架下へ立ち寄ってみてください。
ぼんやり光るネオンの下、たくさんの「飲み屋」がオープンしています。

焼き鳥に串カツ、和食にメキシコ料理、そして今流行りの肉バルなどなどありとあらゆるグルメとお酒が軒を連ね、会社帰りのサラリーマンを待ち構えています。
もちろん味はどの店も絶品。
福島鷺洲に住んでいて、なおかつお酒とグルメが大好きだというのであれば、立ち寄らない理由はありません。

福島鷺洲は梅田に近くて住みやすい!

以上、福島区鷺洲の実地レポートでした。
梅田という超人気スポットの隣であるにも関わらず、鷺洲という街は物件単価も手ごろで住みやすい場所です。
「梅田にあこがれてるけど、なかなかタイミングが掴めない」という方、福島区鷺洲の分譲マンションをご検討してみてはいかがでしょうか。