大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

大阪・大川かいわい〜都心にありながら、郊外のような環境を保つ魅力の住宅地

眼下に水面や遊覧船をながめる大川沿いのマンション群

大阪市内の真ん中にも都会の喧騒(けんそう)を離れて、のんびりした空気を楽しめるところがいくつかあります。毛馬水門(けますいもん)から天満橋までの大川沿いはその代表のひとつでしょう。近くに住んでいるのならば、お休みの日に憩いを求めて郊外に出る必要がないぐらいです。岸辺はよく整備されていて、散策やサイクリングができるようになっています。ちょっとぐらいの汗ならば、川風に当たりながらになるのでむしろ爽快(そうかい)になるぐらいです。歩き疲れたら緑に囲まれたベンチに腰掛けて悠々と流れる川の流れを眺めるのもいいでしょう。

大阪市内のリバーサイドの代表・大川とは

大川は「旧淀川」と呼ばれることもありますが、もう少し限定するのならば、その旧淀川のなかでも上流部分を指します。

「大川」とはどこを指すか

今の淀川の本流と大川を分ける毛馬水門。手前が淀川側、この水門の裏からが大川。

大川のスタートは毛馬水門です。JRで大阪駅から京都方面に向かう時に淀川を横切りますが、その1キロあまり上流にあり、ここから南へと分岐して流れるのが大川です。 毛馬に初めて水位調整のための設備が作られたのは1907(明治40)年でした。よく、「毛馬閘門(けまごうもん)」とも呼ばれますが、設備のなかでも特に、上流・下流で水位が違う場合にその一部を締め切って船を通すためのものをいいます。閘門は度々改修されたり作り替えられたりしたものの、今も現役で淀川との船の行き来を確保しています。また、これらの設備の一部は、2008(平成20)年に「淀川旧分流施設」の名前で重要文化財に指定されました。 毛馬からの水の流れは最後は大阪湾に流れ込みますが、「大川」と呼ばれるのは中之島の手前までです。ここから下流は「堂島川」「安治川」などと名前と変えます。また、毛馬水門から大阪湾河口までの全部を指すのには、「旧淀川」の名称が使われることの方が多いようです。

大川の流れの左右は緑地化されている。

元は淀川の本流

淀川下流域にはかつては主に3つの流れがあり、最大のものが大川でした。それよりも小さく、迂曲(うきょく)しながら南西方向に流れていたのが中津川です。これを拡大・直線化したのが今の淀川で、工事の完成は1910(明治43)年です。つまり、「わずか100年あまり前までは、大川こそが淀川だった」といっていいでしょう。だからこそ、「旧淀川」とも呼ばれているのです。

川沿いの港関係の施設を再整備したエリア

大川沿いには小さな公園も多い。

江戸から明治にかけては、大坂(大阪)の物流の中心である中之島から京都へと三十石舟が行き交ったのも、この大川の部分です。また、流域には大坂城(大阪城)もあって、これが明治維新後は新政府のものになって西日本での軍事拠点・政治拠点となったために、大川の沿岸にも官業関連の設備がいくつも作られました。今も残る造幣局はその代表です。 左右の岸には荷上場・倉庫といった港関係の施設が並びました。船を使っての原料の搬入や製品の出荷に便利がいいために、製鉄所などの工場までありました。 しかし、物流の主役が船から鉄道や自動車に取って代わるに連れ、港関係の施設も不要になってしまいます。その後も残った工場も高度成長期が終わるころまでにはすっかり姿を消しました。これらの跡地を再開発して生まれたのが今の大川沿いのマンション群や公園なのです。たとえば、天神祭の花火の打ち上げ会場として知られる毛馬桜之宮公園もかつては貯木場でした。 大阪府や大阪市では特に「水辺に親しめる憩いの場」を意識して整備しました。その結果、これだけの都心にありながら込み合った感じがなく、静かな環境が実現しています。

大川の楽しみ方

大川の沿岸を歩いて、だれしもが感じるのは散策路の左右の木々の多さでしょう。子どもが遊ぶような公園もたくさんあって、こちらも緑が豊かです。

お花見だけではない。豊かな緑が楽しめる

これらの木々の多くが桜で、春はあたり一帯がピンクに染まります。もちろん、手軽な花見場所として最適です。しかし、楽しみは春だけではありません。桜の木も初夏には新緑に変わりますし、盛夏には快適な木陰を作り出してくれます。ベンチもたくさんあるので、休憩場所にも困りません。目の前は川面なので、もちろん川風も流れてきます。

大阪での観光船・遊覧船に欠かせないコースが大川

「かつての水運のにぎわいを取り戻そう」と2008(平成20)年に作られ、多くの遊覧船・観光船の発着場になっている八軒家浜船着場。

もっと直接的に川の水を楽しみたいのならば、観光船・遊覧船に乗り込むのもいいでしょう。また、遠方からの友人・知人が大阪に来た時に案内のプランに加えると大阪観光の幅が広がります。 大川の中では南の端近くで、電車での交通の便もいい「八軒家浜船着場」から出ているものだけでも、「大阪水上バス」「大阪屋形船」など4つも5つもあります。船内での食事ができる船もあります。水位が安定している大川なので、本当にのんびりとした気分になれるでしょう。 また、春には特に「大川さくらクルーズ」として、約25分間でさっと大川の岸辺の桜を楽しめるコースも用意されます。予約制を採る必要もないぐらいにたくさんの便数が出ているのもうれしいところです。

水陸両用バス「ダックツアー」も八軒家浜船着場で乗り降りできる。

淀川まで出ればジョギング・サイクリングはどこまでも続く

ジョギング・サイクリング・散策に最適な大川沿いのコース。木々の間を抜けていく。

岸辺の散策路にはしっかりとフェンスが付けられているので、「川に落ちたら」といった心配は無用です。また、道の幅も広々としているので、子どもに自転車で遊ばせるのにも最適です。 ジョギングを楽しんでいる人も、もちろん少なくありません。中には、車いすを押してもらいながら外の空気に当たっているお年寄りもいて、それだけ心地よい環境であることがわかります。 また、本格的なスポーツタイプの自転車で走っている人もいます。実は毛馬水門から淀川に出ると、そこにはさらにサイクリングコースが用意されています。淀川や桂川・木津川の河川敷や堤防上だけを走り、まったく自動車に邪魔されずに京都の嵐山や奈良の木津まで至る往復100キロかそれ以上のツーリングを楽しむことができます。

海の魚も川の魚も釣れる

淡水に住むコイ、汽水のウナギやハゼなどなど様々な種類の魚が釣れる。

釣りを楽しむ人の姿も見られます。大阪湾からの海の水が上がってくるため、魚種はウナギやシーバス(スズキ)、ハゼといった海水や汽水に住めるものも含まれます。また、淡水魚ではコイ、それも1メートルを悠に超える大物まで揚がったことがありました。釣り方は獲物によって置きざおになったり、ルアーになったりします。 かつての公害がひどかったときを覚えている年配者は、大阪市内の真ん中を流れる川で釣りができるなんて信じられないでしょう、しかし、長年にわたる公害対策で、それだけ水質がよくなっています。調査では清流に住むことで知られるアユさえ見つかっています。

天神祭の船渡御の舞台

大阪の夏祭りの代表といえば、やはり7月24日・25日の「天神祭」をおいてほかにはありません。様々な行事がありますが、なかでもクライマックスといっていいのは「船渡御(ふなとぎょ)」です。大川と呼ばれる水域ではもっとも南の端の天神橋から100艘を超える船が出て上流を往復します。神輿(みこし)を乗せた「奉安船」を中心にして、鐘や太鼓で水上をにぎわせる「どんどこ船」や協賛団体が出す「奉拝船」などそれぞれに役割を持ち、祭りをもり立てているのが人気の理由のひとつでしょう。また、夜には約5,000発の奉納花火も打ち上げられます。 この船渡御が目当ての人だけでも例年130万人にもなることから、天神祭は「日本3大祭り」のひとつに数えられることがあるぐらいです。

大川周辺の見どころ

大川周辺には観光スポットもいくつかあります。とはいえ、それは遠くから来る人にとっての話で、近くのマンションにでも住んでいれば、日ごろの散歩コースの一部になります。

桜の名所というだけではない。博物館もある造幣局

春にはこれらの桜が咲き、多くの人が押し寄せる造幣局。後ろのレンガ造りの建物が「造幣局博物館」。

大川沿いの観光スポットといえば、最初に造幣局を思い出す人も多いでしょう。現在の正式名称は「独立行政法人造幣局」といい、今でも1円から500円までの硬貨がここで作られています。 特に造幣局の存在を広めているのは、「桜の通り抜け」です。敷地内には約130種・約350本の桜が植えられていて、これらが満開になる4月中旬の1週間が一般の人々にも無料で公開されます。また、造幣局博物館もあり、オリンピックのメダル、和同開珎などの古銭の現物が展示されています。やはりこちらも無料で、「桜の季節ではないから」といって訪れないのはもったいないでしょう。

造幣局が始まったころに貨幣製造に使われていた圧印機の実物も博物館のわきに展示されている。

近代建築を見るのならば泉布観・旧桜ノ宮公会堂

大阪最古の洋風建築、「泉布観」

「泉布観」は1871(明治4)年、造幣局の応接所として建てられました。「泉布」とは貨幣のことで、この場合の「観」は館を意味しています。アイルランド出身の建築家、トーマス・ウォートルスの設計で、壁はれんがに白い漆喰(しっくい)が塗られ、ベランダや軒を円柱が支えています。 大阪最古の洋風建築で1956(昭和31)年には重要文化財に指定されました。残念ながら内部が公開されるのは例年3月の3日間だけですが、外観だけならば常に観ることができます。

重要文化財の「旧桜ノ宮公会堂」。建物内は結婚式場として利用されているが、この入り口部分までならば一般に公開されている。

また、その隣には「旧桜ノ宮公会堂」があります。この入り口部分はかつての造幣局の正面玄関で、泉布観と同じ時にウォートルスの設計で建てられました。建物本体は昭和の始めの取り壊されたものの、1935(昭和10)、保存されていた石材を使って、「明治天皇記念館」の玄関部分としてこのローマやギリシャの建築を思わせる部分が復元されました。この玄関を含む建物は図書館やギャラリーを経て、現在は結婚式場として利用されています。 やはり泉布観と同じ時に重要文化財に指定され、特に式が行われてさえいなければ、円柱の部分まで行って見学することができます。

10世紀初めには、すでにあった大阪天満宮

境内には菅原道真が愛した梅も植えられている。

京都の北野天満宮・福岡の太宰府天満宮と共に、「日本3大天神」とされることもあるのが大阪天満宮です。 飛鳥時代の650(白雉元)年ごろ、難波長江豊崎宮の西北の守り神・大将軍社として始まりました。901(延喜元)年に道真が九州太宰府に左遷されたとき、この社に立ち寄ったとされます。道真の死後、その霊を鎮めるために、道真を祭神とする天満宮に改められました。天神祭はもちろん、この大阪天満宮の催しです。 火災で何度も建物を失い、そのうちの1回は1837(天保8)年の大塩平八郎の乱によるものです。現在の本殿はその6年後に再建され、幸いなことに太平洋戦争の際には空襲の被害にも遭わずに残りました。

太平洋戦争中の空襲にも残った本殿。

大川周辺でのシティーライフ

大阪の主要駅のどこにいくにも便利のいい鉄道網

このかいわいに住んだ場合、最寄り駅になりそうなのは次のとおりです。 ・桜ノ宮駅(JR大阪環状線)、天満駅(JR大阪環状線)、大阪天満宮駅(JR東西線)、南森町駅(Osaka Metro谷町線・堺筋線)、天満橋駅(京阪本線・京阪中之島線・Osaka Metro谷町線) 特に、南森町駅・大阪天満宮駅からならば、梅田・日本橋・天王寺などなど、ほとんどの主要駅にいずれも数分で到着します。 通勤・通学時間が短くて済むだけではありません。「気軽に出かけて、デパートやショッピングモールを見て歩きたい」「行き来に手間を掛けずにヨガやスポーツクラブなどに通いたい」「おしゃれなレストランをいくつも確保しておきたい」といった場合にも自転車で通えるぐらいです。大阪の郊外にも緑の豊かな住宅地はあるものの、これほどの利便性を享受することはできないことでしょう。

これだけでシティライフが成り立つ、大阪アメニティパーク(OAP)

大阪アメニティパーク。左から順に住宅棟のOAPレジデンスタワー、オフィスやレストランが入るOAPタワー、帝国ホテル大阪。

大川の左岸沿いに約5ヘクタールの面積を使って作られたのが、「大阪アメニティパーク(OAP)」です。かつては三菱金属(現・三菱マテリアル)大阪製錬所があった場所で、1996年から部分的に開業し始め、2000年にはほぼ今の形になりました。大川沿いの再開発を象徴する施設です。 高さ176メートルのOAPタワーを中心に、帝国ホテル大阪や、住宅棟であるOAPレジデンスタワー東館・西館が立ち並んでいます。また、そのすぐ目の前には、遊覧船の「アクアライナー」や「ひまわり」の発着所が作られました。 施設全体のレストラン街とショッピング街があるほか、帝国ホテル大阪の中にもレストランやバー、エステサロン、フィットネスクラブが用意されています。特にレストランの一部やカクテルラウンジは23階・24階部分にあるので、大川周辺の眺望も楽しめます。ほとんどこの中だけでシティーライフを満喫できるでしょう。

買い物だけではない、飲食店街としても充実している天神橋筋商店街

「日本で一番長い商店街」とする天神橋筋商店街。

OAPと対照的に、ごく庶民的なエリアが天神橋筋商店街です。かつては大阪天満宮の門前町で、明治時代に入ってから今の商店街の形になりました。 アーケードの全長は2.6キロあって、「日本一の長さの商店街」として知られています。洋服店、雑貨店、そうざい屋、八百屋・魚屋などなど「一般的に商店街にあるお店ならばすべてある」といっていいでしょう。なかでも目立つのは、居酒屋や喫茶店などの飲食店です。それも地元色の強いものから、ファストフード店までそろっています。

飲食関係のお店が充実しているのも天神橋筋商店街の特徴のひとつ。

ここで住むとしたら、選択肢の中心はマンション

八軒家浜船着場の一角に作られたオープンカフェ。

「大阪市内の中心部であるにもかかわらず、郊外のような雰囲気がある」といっても、住むための物件としてはほぼマンションに限られます。「庭付きの一戸建てに住みたい」というわけにはいきません。ただ、「豊かな緑があって、水辺の光景が楽しめて、住宅環境としての満足度は高い。しかも、すぐ横は都会そのもの」といったエリアは、大阪市内に限らず希少です。 特に大阪市内に勤めている人、自身で事業を展開している人には、典型的な「職住近接」になり、それで生み出される時間とエネルギーの余裕は決して小さくないはずです。