大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

オフィスビルの街、大阪北浜実地レポート

北浜

大阪の北浜ってどんな場所?

大阪市というのは東京23区同様、複数の「区」によって境界が定められています。
いずれの掲示板区もさまざまな個性を持っていますが、中でもとくに人気が高いのが、北区および中央区です。
梅田、そして中之島や淀屋橋という関西屈指のビジネス街を抱えるこのエリアは分譲マンションの数も豊富で選び放題。
アクセス的にも生活環境的にも、非常に恵まれていると言える場所です。
今回は、そんな一帯の中でも中央区北浜という場所にフォーカスを合わせ、淀屋橋駅まで実地レポートを行います。

北浜のアクセス性

北浜

「北浜駅」は大阪にふたつあります。ひとつは「おけいはん」こと京阪電車、そしてもうひとつはOsaka Metro堺筋線です。
京阪電車はひらぱーこと「ひらかたパーク」や「祇園四条」といった、関西でも知名度の高い観光名所へとアクセスすることができます。
堺筋線は阪急京都線や千里線と相互乗り入れをしており、さまざまな目的でのお出かけに利用することができるでしょう。

北浜エリアの注目スポット

北浜

北浜駅を出てすぐそばにあるのが「大阪取引所(旧称:大阪証券取引所、大阪株式取引所)」です。
円柱型の建物が印象的な大阪取引所の前身がこの北浜の地に誕生したのは明治11(1878)年のこと。政商として知られる五代友厚らによって設立され、堂島の先物取引をはじめとして、大阪で行われているさまざまな金融商品の中継地としてその存在感を発揮してきました。
実業家の間では、その所在地にちなんで「北浜」とも呼ばれていたようです。
この取引所を中心として、北浜は金融と証券の街として発展していきました。

北浜

北浜駅の近くには「ライオン橋」こと「難波橋」もあります。
今はそれほどポピュラーではありませんが、この難波橋のすぐ近くにある「天神橋」、そして「天満橋」の3つを合わせ「浪華三大橋」と呼ばれることもありました。
「土佐堀川」や「堂島川」など、大きな川に沿って発展を続けている北浜~中之島エリアにおいて、これらの橋は重要なインフラです。

北浜

土佐堀川では「中之島リバークルーズ」の船が行き交っています。
昼間でも多くの観光客が利用していますが、ライトアップされたビル街を進んでいく夜間クルーズの人気がとくに高いようです。

北浜

このエリアで生活するにあたって忘れてはならないのが、「バラ園」「中之島公園」です。
他府県の方々からスラップスティックなイメージで見られることの多い大阪にとって「バラ」というのはなんとも似合わないように思えますが、色とりどりの花が咲き乱れる光景はなかなか見ごたえがあります。
中之島公園は敷地も広いので、休日に子どもと遊ぶのにはうってつけです。

北浜一丁目

北浜

はじめて北浜という場所に来られた方々が驚かれるのが、オフィスビルの多さです。
中之島や船場同様、この北浜という場所には、新旧さまざまな企業のオフィスビルが立ち並んでいます。
中には、老舗企業の建造物を撮影するために訪れる「ビルマニア」もいます。

北浜

見上げればビル。
帽子をかぶってお出かけの際は、ビル風に注意しましょう。

北浜

交差点の数が多く、交通量もそれに比例しています。
小さな子どもを連れてお出かけの際は気をつけてください。

北浜

写真を撮っていて「おっ」と思ったのは、ビルやタワーマンションが背景としていい味を出してくれているということ。
ビルをうまく構図に取り入れることができれば、インスタ映えする一枚も撮影できそうですね。

北浜

やはりビジネス街だからか、駐車料金は他のエリアと比べると高めです。
ちょっとした用事の場合は電車を利用した方がよいかもしれません。

北浜

北浜一丁目と今橋一丁目の境目には「大阪市立開平小学校」があります。
現状はやや小規模な学校ですが、タワーマンションが増えたことによる児童急増に対応して、来年度から高層校舎(6F建)の増築工事が始まる予定です。

北浜

この北浜でとくに多いのは証券会社です。
これは大阪取引所という施設があるからなのでしょう。
株取引を行っている方にとっては、さまざまな会社のオフィスを直接訪れて相談ができるというメリットがありそうですね。

北浜

新築不動産のそばに歴史を感じさせる建物がありました。
調べてみたところ「新井ビル」といい、登録有形文化財に指定されているようです。
ちなみに、このビルも昔は銀行として使われていました。現在、1Fには洋菓子専門店「五感」が入っています。

北浜

近年その人気がますます高まっているリラクゼーションサロン。
休日、仕事の疲れを癒やすための利用もよさそうです。

北浜

まるでギリシャ神話にでも登場するかのような「三井住友銀行中央支店」の建物。
元三井銀行大阪支店で、かつて三井が金融業で巨万の富を築き上げたことが伺えます。北浜

その南側には北浜駅出口K14番出口直結の「北浜プラザ」。かつて三越大阪店のあった場所です。
飲食店だけではなく、洋服店やインテリア、外科内科精神科皮膚科といったクリニックにドラッグストアなど、生活に必要なあらゆる物事をこの施設ひとつだけで賄えます。

北浜二丁目

北浜

先ほどの三井住友銀行の建物もユニークでしたが、北浜二丁目にある「大阪シティ信用金庫」の建物もまた、歴史を感じさせ個性的です。

北浜

「光世証券」のオフィスビル。
レトロなデザインがよい意味で目立っています。

北浜

オフィスビル群に混じって下町的な居酒屋も。

北浜

このオフィスビル群は中之島までずっと続いています。

北浜

北浜二丁目には「大阪慶應義塾跡記念碑」があります。
慶應義塾といえば東京にある大学を連想される方もおられるかもしれませんが、創設者の福沢諭吉は大阪中之島の出身であり、その前身となる蘭学塾最初の分校は明治6(1873)年この北浜の地に誕生しました。

北浜

ビル群の合間合間には個人経営の飲食店がちらほらと。
お昼どきになるとスーツ姿のオフィスワーカーで賑わうようです。

北浜

1980年から続くカフェバー「KENWEST」。
川沿いのカフェもいいですが、こうしたところにも名店があります。

北浜三丁目

北浜

北浜三丁目には史跡である「緒方洪庵旧宅及塾」が。
緒方洪庵は高名な蘭学者であり、天然痘治療に大きな成果を遺した人物として知られています。また、この北浜の地に「適塾」を開き、福澤諭吉や大村益次郎等明治時代に活躍した人物を育成したという業績も遺しました。

北浜

緒方洪庵旧宅のすぐそばにはちょっとした休憩スペースが。
この空間はオフィス街北浜の喧騒が嘘であるかのような静けさに包まれていました。

北浜

北浜三丁目の隠れグルメスポットといってもよい場所が「北浜永和ビル」の地下にあるレストラン街「モグル」です。

北浜

その空間は少々怪しげな入り口から想像がつかないほどオシャレ。
和食居酒屋やビアレストラン、果ては牛丼チェーンまで揃っています。
意外なことに、ここから北浜駅まで直通です。
飲んだ後も道に迷わず帰れそうですね。

北浜

「大阪淀屋橋郵便局」前にあった不思議な銀の像。
誰をモデルにしたのか、記載がありませんでした。

北浜

輪っか状のオブジェが印象的な並木道。
あまり長くないのが残念です。

北浜

否が応にも目立つアーチが架かっているのは「日本生命保険相互会社」のビル。
この北浜三丁目は他の場所と比較して、独特の雰囲気を持つ建築物がたくさんあります。

北浜

ビルとビルに挟まれた通り道。
ビルマニアにはたまらない風景なのでしょうか。

北浜

おおよそ国内のものとは思えない不思議な建築物です。
しかし、テナントには和食居酒屋が入っているようで、そこがさらになんとも言えない雰囲気を醸し出しています。

北浜

建てられてからかなりの年代が経過していると思われる倉庫のようなもの。
看板も何もありませんが、誰も利用していないのでしょうか。

北浜

コンクリート建築が多い中、異彩を放っているのは「日本圧着端子製造株式会社」のオフィスビル。
ユニークな見た目からデザイン系企業かと思いきや、意外にもものつくり系でした。

北浜

タワーマンションから見下ろす北浜や中之島の光景というのはどのようなものでしょうか。

北浜

チーズ専門店があるのもこのエリアならでは。

北浜

このまま歩いて北浜から船場エリアへ行くこともできますが、今回の取材はここまでにしておきます。

まとめ

最後に、北浜という場所の魅力と気になる点を箇条書きでまとめましょう。

魅力
・かつて繁栄を極めた大阪の歴史を醸し出す街の雰囲気
・「水の都」の象徴「中之島」を臨む景色
・隠れ家のような個性的な店舗の数々
気になる点
・保育園や幼稚園などの子供受入のキャパシティ