大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

自分だけのクルーザーを購入!相場価格や買い方を紹介

釣りや島への観光など、クルーザーの楽しみ方は多岐にわたります。キッチンつきのタイプであれば、船上でパーティーを開催することもできるでしょう。

また、企業の中には福利厚生の一環として、従業員が自由に使用できる会社名義のクルーザーを所有しているところもあります。船上生活を体験してみたい方は、会社の福利厚生やレンタルボートを借りるのも良いでしょう。

とはいえ、内装にこだわりたい、レンタルではなく自由に乗りたいという方は、やはり自分だけのクルーザー購入を検討するのがおすすめです。
今回は、クルーザーの相場や買い方について紹介します。

クルーザー本体の相場価格はどれくらい?

「クルーザー」と聞くと、富裕層が所有するイメージを持つ方も多いでしょう。

しかしクルーザー本体は、必ずしも「大金を用意しなくては手に入らない」というものではありません。目的に合わせて最適なタイプを選べば、数百万円程で購入可能なケースもあります。

ただし、クルーザーを所有するうえで考えなくてはならないのは、購入時の費用だけではありません。購入後は維持費が発生します。

この項では、クルーザー本体の価格相場や維持費について紹介します。

クルーザーの価格を決める要素

購入するクルーザーの相場は、さまざまな要素によって価格が決まるため、非常に値幅があります。価格を決める主な要素は以下のとおりです。

・メーカー
・船のサイズ
・仕様
・「新艇」か「中古」の違い

クルーザー全体で見ると、数百万~1億円を超えるものまで幅広く販売されています。新艇・中古の違いでも大きく差があり、新艇の場合は数千万~1億円超えが一般的な相場です。しかし中古を購入するのであれば、前述したように数百万円程度で購入できるものも存在します。

同じメーカーで同じサイズのクルーザーを購入した場合も、仕様によって大幅に価格が変動します。航海用機器や無線機、オーディオ機器など、設備一つひとつがモデル・機能ごとに数万円単位で変わります。

救命設備やアンカーなど、法律で義務付けられている法定備品も本体価格とは別途必要です。同一サイズの船でも、価格はオプションと同様に数十万~百万円超えの幅があります。

購入後は維持費もかかる

クルーザー購入で多い失敗が、ランニングコストを度外視して高い本体を購入してしまうケースです。コストを考慮せずに無理して購入した場合、せっかく手に入れたクルーザーも維持費に圧迫され、早々に手放す羽目となるでしょう。

購入するときは本体費用のほか、維持費も含めて予算を立てるべきです。一般的なクルーザーの維持には、以下の費用がかかります。

・メンテンナンス費
・定期点検費
・保管料金
・燃料代
・保険料

安く見積もっても、年間数十万円の維持費が必要です。クルーザーは燃費が悪いうえ、本体サイズによって保管料も数万円単位で異なるため、「どのような船を購入したか」で維持費が大きく変わります。

維持費を安く抑えたい方は、クルーザーを預けようと検討を付けているマリーナなど保管場所の料金表も参考にしましょう。

クルーザーの購入方法

現在はさまざまな物品をインターネットサイトで購入することができます。もちろんクルーザーの最新情報もインターネットで調べられますが、高額な商品を現物も見ずに行うのはリスクが高いといえます。

購入後の失敗リスクを抑えるためにも、まずはクルーザーを購入できる所について知ることから始めましょう。
この項では、クルーザーの購入方法や注意点について解説します。

まずは情報収集

最初はクルーザーに関する情報収集を行いましょう。カタログを見て想像するだけでは、自分に合うメーカーやサイズは分かりません。できる限り実物を見て、可能であれば体験することが大切です。

クルーザーの情報収集には、以下の方法があります。

・販売店で話を聞く
・マリーナで実物を見る
・ボートショーでチェックする
・知り合いの所有者から話を聞く

販売店でスタッフに話を聞いたり展示品を見せてもらったりする方法が一般的です。特定のメーカー直売店のほか、代理店や複数のメーカーを取り扱う中古専門店など、できる限り多くの店舗に足を運びましょう。

クルーザーを購入する目的(釣り用・クルージング用)を明確にしておくと、スタッフがよりピンポイントな話をしてくれます。

販売店のほかは、マリーナやボートショーもおすすめです。どんなモデルがあるか、現在のトレンドは何かを知ることができます。実物を見るのであれば有名メーカーが集まるボートショーが最適です。

また、すでにクルーザーを所有している知り合いから話を聞いたり、実際に乗せてもらったりするのも良いでしょう。実際に所有しているからこそ気付くメリットやデメリット、購入時の注意点を聞けるため、クルーザー選びの参考になります。

クルーザーの購入先

ある程度購入したいクルーザーを絞り込めたら、次は本格的に交渉や購入へ進みましょう。クルーザーの購入は自動車と同じく、メーカーや新艇・中古艇の違いによって購入先が異なります。

・国内メーカー…メーカーの販売店
・海外メーカー…輸入代理店、海外オーナー、マリーナ
・中古艇…中古取扱店、個人オーナー

大きく分けると、上記の3つが購入先です。

国内メーカーの新艇が欲しいのであれば、販売店を利用します。海外メーカーのクルーザーが欲しい場合は、輸入代理店や海外オーナーとの取引を検討しましょう。マリーナによっては輸入代行を請け負ってくれる業者がいるため、マリーナに問い合わせてみる手もおすすめです。

中古艇は専門の取扱店がありますが、近年はインターネットオークションやSNSを通じて個人オーナーから譲り受ける人も増えてきました。意外な掘り出し物もあるかもしれないので、購入先の情報は幅広く目を通しておくと良いでしょう。

「シェアリングサービス」という選択肢もある

「思っていたより購入費や維持費が高額だった」など、所有自体を迷い始めているという方は、まずはシェアリングサービスから始めてみるのもおすすめです。
シェアリングサービスとは、マリーナや販売店などが行っているクルーザーのレンタルサービスで、購入するより安く手軽にクルーザーを楽しむことができます。

シェアリングサービスではクルーザー本体だけでなく、キャプテンもレンタルできる場合が多いです。そのため、利用者は船舶免許を取得している必要はありません。

業者によって価格は異なりますが、シェアリングサービスなら高額モデルのクルーザーもお手頃価格で借りられるでしょう。
最終的には自分専用の船を購入したいと考えている方も、まずはレンタルして乗り心地を試してみてはいかがでしょうか。

購入したクルーザーを操縦するなら船舶免許が必要

クルーザーの購入に必要な免許や資格はありません。単純に所有するのみであれば、無免許でも可能です。

ただし、オーナー自身がクルーザーを操縦する場合は、必ず国家資格の「小型船舶免許証」を取得しておきましょう。18歳以上であれば、所定の要件を満たして試験に合格することで取得できます。

小型船舶免許証には1級と2級があります。海岸から5海里(9キロメートル程度)までの近場で遊ぶ場合は2級で十分ですが、沖釣りを楽しんだり島へ出かけたりしたい場合は、1級の取得がおすすめです。

小型船舶免許証の取得方法には以下の3つがあります。

・免許スクール
・登録小型船舶教習所
・独学

特定の単位修得を要するものではないため、学歴を問わず受験可能です。独学でも免許取得を目指せますが、早い取得を希望する方は免許スクールや登録小型船舶教習所の利用も検討してみると良いでしょう。

まとめ

今回記事でも紹介したように、クルーザーの購入は新艇であれば数千万円以上かかるケースが大半ですが、中古艇であれば数百万円程度と、幅広い価格相場となっています。

ただし、クルーザーにはマリーナへの保管料やメンテナンス料、燃料代などの維持費がかかる点に注意してください。ランニングコストを視野に入れたうえで改めて資金計画を立てましょう。

また、自分自身で操縦するのであれば小型船舶免許証の取得も必要です。手軽に乗って楽しみたい方は、操縦者もレンタルできるシェアリングサービスも検討してはいかがでしょうか。