大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

大阪に住んでいると気付かない? 「コンパクトシティのメリット」とは?

「便利だけどもごみごみした都会の中心部から、郊外へと引っ越す」が当たり前だった時代もあります。しかし、今はこの逆に「郊外から、再開発された中心部へと引っ越す」という流れも強くなってきました。背景には国や地方自治体が強力に推し進める「コンパクトシティ」があります。

都心に住むデメリット

「大きな街の中心部に住むと、商店は多く、役所などの窓口もすぐ近くにある。通勤時間がかからず何かと便利」と疑いもなく考えられていた時代もありました。
しかし、1990年代ごろになると、そうも言い切れなくなってきました。郊外へと道路や鉄道が延び、住宅地などもどんどん周辺部に広がっていきました。マイカー率も上がったので、自動車で行くのに便利なところに様々な設備もできるようになりました。その結果、中心部では住民が減り、住宅だけではなく商業施設や公共施設まで数が減ってしまいました。いわゆる「ドーナツ化現象(空洞化減少)」です。

人口減少も影響

郊外がにぎわうようになった背景には人口増加もありました。国や地方自治体も「放置するすると、中心部が過密状態になる」と後押ししていました。しかし、一転して人口が減るようになり、過密状態への懸念はもうありません。
そこで出てきた考え方が、「コンパクトシティ」です。「かつての中心部はにぎわっていて、しかも便利だった。この形を取り戻そう」というのです。

コンパクトシティは都心部の再開発

といっても、昔の姿そのままではありません。かつての人口密集地も、今は老朽化した木造住宅やマンションばかりになり、商店街も「シャッター通り」になってしまったところも少なくありません。このような時代から取り残されたようなエリアを再開発して、より快適で住みやすい街づくりを目指すのがコンパクトシティです。
熱心なのは札幌市、仙台市、富山市、神戸市などの県庁所在地やそれに次ぐ大都市です。また、国でも国交省を中心に協力にバックアップしています。

大阪市のコンパクトシティ計画

大阪市も熱心に取り組んでいます。もし、名前に「コンパクトシティ」とついていなくても、次々に打ち出される都市計画や再開発計画をチェックすると、大半がコンパクトシティを目指すものになっています。
また、大阪市にはコンパクトシティ化するのに有利な条件もいくつかあります。代表的なのは次のふたつあたりです。
(1)都市としての機能がまだまだ残っていて、これの再構築はそれほど手数をかけなくていい。
(2) 「コンパクト」というからには、普段の交通手段としては車よりも自転車などが意識されている。となると、ほかのエリアに出るための公共の交通機関が必要になる。大阪市はJR・私鉄・地下鉄・バスなどの交通網が張り巡らされている。
もし、「中心部に住むのもいいかも」と考え始めたら、大阪市も有力な候補地になるでしょう。

手ごろになった地価も再開発を後押し

今、大阪市でタワーマンションが増えているのも、このコンパクトシティ化の流れの一つです。
ただ、建築が盛んな理由は、「開発し残したエリアがあった」や「住宅を求める人の流れが中心部へと向かっている」だけではありません。バブル経済時代は極端にしても、少し前までこれら中心部は商業施設ぐらいしか採算が合わないような地価でした。それが落ち着いたことから、特別なお金持ちではなくても手の届く住宅用マンションの建築・販売が可能になりました。
販売価格をチェックすると、「到底自分には手が届かないと思っていたが、これならば大丈夫だ」と思うような人も出てくるかもしれません。