大阪都心・暮らしと街のリアル情報サイト

ORENG

タワーマンションの洗濯物事情


だいたい20階以上、高さにして60メートル以上のマンションを特にタワーマンションといいます。ほとんどの場合、外から洗濯物が見えません。これも一般的なマンションとの違いです。では、住民の皆さんはどうやって洗濯物を乾かしているのでしょうか。

どこで乾燥させている

タワーマンションごとにそれぞれ乾かし方は違うようです。もちろん、同じタワーマンションの中でも人によって違う場合もあるでしょう。

乾燥機

最も多いのは乾燥機です。といっても、この乾燥機だけでも、「もともと備え付けられている」「入居した後から自分で設置する」「浴室乾燥機があるので、浴室に干す」といった違いがあります。
また、中には「窓ガラスも開かないようになっていて、換気システムが備わっている。部屋干ししても湿気がこもることもなく、洗濯物もしっかり乾く」といった場合もあります。

サンルーム

特に高級感がセールスポイントになっている物件の場合、各戸にサンルームが付いている場合があります。こういった場合でも、自分で乾燥機を設置してそれで乾かす方法ももちろん可能です。しかし、サンルームを物干し場としても使う人もいるようです。

バルコニーの壁よりも低いところ

実は見えないだけで、バルコニーに干している場合もあります。この場合は、竿(さお)などはバルコニーの外側の壁よりも低いところに来るようにしてあります。

外に洗濯物が干せないわけ

外干し禁止の場合、その理由は、「風が強すぎて、洗濯物が飛んでいってしまうから」がその代表的なものでしょう。ただ、それだけでもないようです。

風が強すぎる

本当に風が強いかどうかは、高層階かどうかだけでは判断しきれません。その建物の立地もあれば、季節や部屋の方角にもよるでしょう。ただ、普段は強くなくても突風が吹くときもあるので、バルコニーでの物干しは禁止するところが多いようです。
また、地上に近い低層階ならば、一般的なマンションとは大差がないはずですが、高層階が禁止されているならば低層階も同じように禁止されているのが普通です。

生活感を出したくない

タワーマンションのセールスポイントのひとつは高級感です。「洗濯物が見えると生活感が前面に出てしまう」というのも、「外干し禁止、あるいは外干しできてもバルコニーの外側の壁よりも低いところ」ということになるようです。

そもそもバルコニーがない

洗濯物だけではなく、部屋の中のものまで飛んでいってしまうような強風が吹くような部屋もあります。こういったところは最初から、窓が大きくは開かない、あるいは全く開かないようになっています。
バルコニーも危険性を考えて作っていないことがあります。もちろん、外干しするスペースもありません。

もともと、外干しも乾燥機も一長一短

洗濯物を外干しできないことをタワーマンションのマイナスポイントと考える人がいるのは事実です。しかし、一般的なマンションや一戸建て住宅でも乾燥機ばかりで乾かしている人も少なくありません。理由としても、「すぐに乾くから」もあれば、「アレルギー症なので、布団に花粉などを付けたくない」などさまざまです。
外干し・乾燥機のどちらであっても、もともと一長一短だったのはこのことから分かります。選択肢が限られるのは事実ですが、ほとんど問題にしなくていい人も多いのではないでしょうか。